車の運転では、視界の確保は絶対に必要な前提なのです。
とりわけ、夜ともなってまわりが見えにくくなってくると、ランプの性能が安全運転をするために、非常に重要なポイントになってまいります。
昨今の人気は、HID(High Intensity Discharge)と呼ばれるディスチャージランプです。
HIDは、車の電力を高電圧に換えて、カプセル内に放電させ、発光させるという仕組みになっています。
かつては、ハロゲンが多く使われていました。
ただし、長持ちしないのが大きな欠点であったのです。
ハロゲンですと、せいぜい1年か2年で切れてしまいます。
切れたハロゲンの中は、フィラメントがボロボロになってしまっています。
HIDは、フィラメントで発光させるのではありません。
それだけに、ハロゲンに比べ非常に明るいことが高く評価されています。
HIDが放つ光は、太陽に非常によく似た配光パターンです。
それでいて長寿命で省電力である点も人気を集めています。
より自然な光で、しかも遠くまで届くので、夜間の運転では外が見やすいので、よく使われるようになりました。
確かに、ハロゲンに比べてHIDの価格は非常に高いのは事実です。
しかし、高コストである点以外は、すべての点でハロゲンランプを上回っているといることは間違いありません。

 

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。