良く耳にする様になったダウンサイジングターボのシステムは、通常無駄に廃棄される排気ガスをターボチャージャーシステムのホットサイドのホイールアッセンブリーに吹き付け駆動させる事で、軸で一体化している反対側のクールサイドのコンプレッサーホイールアッセンブリーが回転し、大量の空気が圧縮状態でエンジン燃焼室に送り込まれます。
結果、より多くの燃料を燃焼させる事が可能となり、より大きな馬力とトルクを得る事が出来るシステムです。
ターボチャージャーに使用される排気ガスは、非常に高温の為に走行後すぐにエンジンを停止してしまうとターボシステム内に熱がこもり、タービンホイールが傷ついたり焼きつきを起こしてしまいます。
ターボチャージャーのトラブルを防止する為に、設定された一定時間アイドリング状態を維持しターボチャージャーのクールダウンを行うターボタイマーを必要とするケースもあります。
又、排気側と吸気側のホイールを繋ぐ軸受けの種類によっては、軸受け自体が焼きつきを起こすケースもあります。
現在では、アフタークーラーやオイルクーラーなどの冷却装置の強化が行われ、耐熱合金製やセラミック製の小口径のターボチャージャーが用いられる事が多くなり、ターボシステムのトラブルは非常に少なっていますが、ターボタイマーを装着しておくべきです。
便利な機能を有するターボタイマーも市販されているので、安心と便利の為にもターボタイマーの装着をお勧めします。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。